文字組み Illustrator

STEP01文字や段落を配置しよう!

「ポイント文字」と「エリア内文字」の違いを理解しましょう!

Illustratorでは「ポイント文字」と「エリア内文字」の二種類があります。IllustratorでDTPを始めた人は「ポイント文字」を、InDesignやQuarkXpressでDTPを始めた人は「エリア内文字」を多用する傾向があるかもしれません。ます両者の違いをしっかりと区別し、目的に合わせて使い分けましょう!

「ポイント文字」と「エリア内文字」の違いについて:「ポイント文字」は「テキストツール」で任意でクリックした場所に入力されます。「エリア内文字」は、InDesingでいう「テキストフレーム」、QuarkXpressでいう「テキストボックス」の中に入っている文字です。

項目ポイント文字エリア内文字
向いている用途 タイトルや見出しなど、数行までの短いテキスト 本文など、複数行にわたるテキスト
作成方法 テキストツールで任意の場所をクリック テキストツールで任意の場所をドラッグ
オブジェクトツールのパス上をテキストツールでクリック
バウンディングボックスをドラッグすると… フォントサイズも大きくなる テキストが入っているエリアの大きさは変化するが、中のテキストのフォントサイズは変わらない
段組やテキストの連結 できない できる
大量の文字を入力すると… 横組では右に、縦組では下に改行されずに流れる エリアの幅に合わせて自動的に折り返され、エリアの大きさを超えると「オーバフロー」されて表示されなくなる
Illustratorにおける「エリア内文字」と「ポイント文字」の違い Illustratorにおける「エリア内文字」と「ポイント文字」の違い

Skill 01文字設定

  • 「文字パレット」が表示されていなければ、「ウィンドウ」→「書式」→「段落」をクリックします。
  • Illustratorの「文字パレット」を表示させる
  • 「文字パレット」の基本的な項目を覚えましょう。
  • Illustratorの「文字パレット」の機能

Skill 02段落設定

  • 「段落パレット」が表示されていなければ、「ウィンドウ」→「書式」→「段落」をクリックします。
  • Illustratorの「段落パレット」を表示させる
  • 「段落パレット」の基本的な項目を覚えましょう。
  • Illustratorの「段落パレット」の機能
  • ポイント文字では、左揃えと均等配置(ジャスティファイ)の見た目は変わりませんが、エリア内文字の場合、右端を見ると違いがわかります。下図のように、エリア内文字で左揃えにすると、テキストボックスの大きさが文字サイズの整数倍ではない場合、余白ができてしまいます。
  • エリア内文字で左揃えにした時の余白
  • 均等配置(ジャスティファイ)をぽちっとしただけで、右端がテキストボックスの幅に合わせてきれいに収まります。本文組はこの段落設定にするのが一般的です。
  • エリア内文字でジャスティファイに設定した時
クリエイティブ専門人材派遣会社エキスパートスタッフは、お仕事紹介だけでなく登録クリエイターのDTPレベルアップサポートを行っています。 最新DTPアプリケーションが使える無料の自習室各種セミナーで皆さんのスキルアップをサポートします! 最新DTPアプリケーションが使える無料の自習室各種セミナーで皆さんのスキルアップをサポートします!