文字組み Illustrator

STEP02段組みを設定しよう!

Illustratorを使って段組設定をしてみましょう。方法はいくつかありますが、「スレッドテキスト」と「エリア内文字オプション」の段組設定を用いる方法についてご説明します。

Method 01スレッドテキスト(テキストボックスの連結)その1

CS以前は「テキストボックスのリンク」として知られていた機能です。スレッド(糸、綱の意)でテキストボックス同士がつながって文章が流し込まれるイメージですね。

  • オーバーフローアイコンをクリックします。すると、カーソルが変化し、テキストボックスに入りきらない文字を流し込める状態になります。
  • オーバーフローアイコンをクリック
  • 続きのテキストを流したい任意の場所でクリックします。
  • クリックした位置から続きのテキストが流れます
  • 流し込まれたテキストボックスは、元のテキストボックスとは別のオブジェクトとして扱われ、単独で選択・サイズ変更できます。
  • 単独のテキストボックスとして扱われる

Method 01スレッドテキスト(テキストボックスの連結)その2

  • 文章の続きを流し込みたいテキストボックスを先に作り、その後スレッドテキストとして連結させる方法です。まず、「文字ツール(T)」に切り替え、任意の場所・大きさにドラッグします。
  • Illustratorで空のテキストボックスを作ります。
  • 連結させたいテキストボックス両方を選択状態にします。
  • テキストボックスを両方選択
  • 2つのテキストボックスを選択した状態で、「書式」→「スレッドテキストオプション」→「作成」をクリックします。
  • スレッドテキストオプションを作成
  • テキストボックスが連結されました。
  • テキストボックスが連結された状態

Method 03「エリア内文字オプション」で段組みを行う

スレッドテキストでは2つのテキストボックスが別個のオブジェクトとして扱われる、とご説明しました。自由なレイアウトや、左右のテキストボックスの幅や大きさを変えたい、という場合は有効ですが、きっちり計算して段組みをしたい場合や一つのテキストボックスとして扱いたい場合は「エリア内文字オプション」が便利です。

  • 段組みにしたいテキストボックスを選択します。
  • 段組みにしたいテキストボックスを選択
  • テキストボックスを選択した状態で、「書式」→「エリア内文字オプション」→「作成」をクリックします。
  • 「エリア内文字オプション」を選択
  • 横の二段組にしたい場合、「列」の「段数」を2にします。ダイアログボックスのどこを変更するとどう変わるか、確認しましょう。
  • 「エリア内文字オプション」のダイアログボックス:2段組みの場合
  • 縦・横それぞれ二段組にすることだって簡単です。こういう段組みを「スレッドテキスト」で実現しようとしたら、作成も修正も大変ですよね?
  • 「エリア内テキストオプション」のダイアログボックス:2段組み×2の場合

クリエイティブ専門人材派遣会社エキスパートスタッフは、お仕事紹介だけでなく登録クリエイターのDTPレベルアップサポートを行っています。 最新DTPアプリケーションが使える無料の自習室各種セミナーで皆さんのスキルアップをサポートします! 最新DTPアプリケーションが使える無料の自習室各種セミナーで皆さんのスキルアップをサポートします!