表組み Illustrator

STEP01枠を作ろう!

InDesignには効率的に表を作る機能が搭載されていますが、IllustratorはCCになっても作表機能が付きませんね…!Illustratorで表を作る方法はいろいろありますが、ここは派遣クリエイターらしく、他の人が修正しやすい作表をマスターしたいですね。では、次のような表を効率よく作る方法を学びましょう!

こんな表を作ってみよう!どうすれば効率よくできるかな?

修正しやすい表の構造を理解しよう

下の図をご覧ください。再前面から、【1】文字やイラスト【2】太い外枠【3】罫線(下)【4】セル背景色(上)【5】罫線(下)【6】セル背景色(下)という構造になっています。セルを1つずつ四角形で作成してしまうと、行の追加やセルの結合、罫線の変更などの修正作業がやりにくくなってしまいます。

修正しやすい構造の表

「長方形グリッドツール」を使って罫線を描こう!

太い外枠を四角形ツールで、縦罫線、横罫線それぞれをペンツールで作成しても良いのですが、行・列の数や表のサイズが決まっているなら、「長方形グリッドツール」を使うのがお勧めです。

  • ツールバーから長方形グリッドツールを選択し、表を作成したい場所でダブルクリックすると、下図の「長方形グリッドツールオプション」が表示されます。
  • 「長方形グリッドツールオプション」のダイアログボックス
  • 「水平方向の分割」の「線数」に入力した数で長方形が分割されます。実際の行数は入力した数に1を加えた数になるので、この設定の場合11行、3列のグリッドが作成されます。「外側に長方形を使用」にチェックすることを忘れずに。チェックが入っていないと、一番外の罫が長方形ではなく、4本のパスになってしまうので、今回のような表を作るときには不向きだからです。また、セルごとに背景色を変えたいので、「グリッドの塗り」のチェックも外します。 11行、3列のグリッドが作成されました。
  • 11行、3列のグリッドが作成されたスクリーンショット画像
  • 長方形グリッドツールでつくったオブジェクトはグループ化されており、編集しづらいので、グループ解除しておきましょう。グリッドを選択し、「オブジェクト」メニューから「グループ解除」をクリックします。
  • グリッド全体を選択しオブジェクト」メニューから「グループ解除」をクリックするスクリーンショット
  • グループ解除したので、選択ツールで外側の長方形だけを選択することができるようになりました。
  • 選択ツールで外側の長方形だけを選択しているスクリーンショット画像
  • 表の外枠になる長方形の罫線の太さを変更してみましょう。
  • 表の外枠になる長方形の罫線の太さを変更しているスクリーンショット
  • 不要な横罫線を削除します。
  • 不要な横罫線を削除しているスクリーンショット
  • 長方形ツールを使ってセルの背景色にする長方形を作っていきます。
  • 長方形を作っているクリーンショット画像
  • でも、よく見るとセルの背景色が罫線の上にきてしまっていますね。
  • 背景色が罫線の上にきているスクリーンショット画像
  • セルの背景色にするオブジェクトを選び、「オブジェクト」メニューから「重ね順」→「最背面へ」をクリックします。
  • 「オブジェクト」メニューから「重ね順」→「最背面へ」をクリックしているスクリーンショット画像
  • セルの背景色がきれいに罫線の背面に配置されました!
  • セルの背景色がきれいに罫線の背面に配置されたスクリーンショット画像
  • ヘッダ行の下側の罫線を、白の破線に変更してみます。
  • ヘッダ行の下側の罫線を、白の破線に変更しているスクリーンショット画像
  • 一行おきにセルの背景色を変えてみるよ!
  • 一行おきにセルの背景色を変えているスクリーンショット画像
  • 最初にイメージした表の重なり順になるように調整してゆきます。
  • 表の重なり順になるように調整しているスクリーンショット画像
  • これで表の枠ができました!
  • 表の枠が完成
クリエイティブ専門人材派遣会社エキスパートスタッフは、お仕事紹介だけでなく登録クリエイターのDTPレベルアップサポートを行っています。 最新DTPアプリケーションが使える無料の自習室各種セミナーで皆さんのスキルアップをサポートします! 最新DTPアプリケーションが使える無料の自習室各種セミナーで皆さんのスキルアップをサポートします!