フリーランス紹介|株式会社エキスパートスタッフ

フリーランス
お役立ち情報

フリーランスって何?

特定の企業や組織に属さず、個人で価値・技術を提供する働き方を指し、
案件ごとに契約し業務を遂行するため、
企業に雇用されるよりも自由に働くことが出来るのがメリットです。
個人事業主をフリーランスと呼びますが、
一人会社を設立し働いている方もフリーランスに含めることもあります。

フリーランスと
個人事業主との違い

個人事業主をフリーランスとも言う言葉もよく耳にしますが、何が違うのかをご紹介します。

個人事業主って何?

「個人事業主」とは事業・税制上での区分になります。法人化せず、開業届を提出し個人で事業を行っている方は個人事業主となります。「個人事業主」の対として「法人」があり、株式会社などの会社を設立し事業を行う場合に該当します。

特定の企業や組織に属さず働くという性質上、フリーランスで働く場合は個人事業主として事業を行うのが基本となります。

個人事業主との違いって何?

フリーランスと個人事業主の違いは、場合によって区別されることもあります。

例として、会社員とは違い収入が安定しないため「フリーランスだから、コロナの影響で収入が減りました」という場合は、個人事業主でも通じます。

一方で、「法人化していないと契約が不可能」という場合は、個人事業主のフリーランスとの契約は認められず、法人化しているフリーランスであれば交渉ができます。

個人事業主ではあるが、フリーランスではないという事業・職種は存在します。
例えば、法人化せずに、個人店や農家をされている方は個人事業主となります。

しかし、上記の働き方は「案件ごとに契約する」「個人で価値・技術を提供する」というフリーランスの働き方とも性質が異なるため、フリーランスとは言い切れません。

フリーランスの職種と
仕事内容ってどうなの?

フリーランスという働き⽅は、エンジニア職やクリエイター職などをはじめとして、幅広い職種で存在しています。

エンジニア系
システムエンジニアは主に、要件定義や詳細設計まで開発の上流⼯程を担当します。要件定義とは、顧客から課題や要望をヒアリングし、基本設計を⾏います。プロジェクトによっては、システムエンジニアがプログラミングを⾏う場合もあります。
顧客要望ヒアリング⼒、そしてプログラマーが効率よく開発を⾏えるよう設計図に作成など、開発全般に関する知識とコミュニケーション⼒も求められる職種です。

プログラマー系
プログラマーはシステムエンジニアの設計図を基にプログラミング作業を⾏います。システムエンジニアは上流⼯程、プログラマーは下流⼯程に関わることが多いです。
上流⼯程は要件定義や詳細設計を指し、下流⼯程はプログラミング、テスト、デバッグなどを指します。プログラマーは、設計図に従ってコードを書くスキルが必要です。

デザイナー・クリエイター系
デザイナーは主に、グラフィックデザイナーやWeb デザイナーが挙げられます。 前者は、雑誌の広告や商品パッケージ、パンフレットなどに印刷物のデザインを⾏う仕事です。企画内容や商品コンセプト、ターゲット顧客層に合わせたデザインを考案します。
後者は⽂字通り、Web サイトのデザインを⾏います。⾒た⽬だけでなく、コンセプトに合わせて分かりやすく使いやすいWebサイトをデザインするスキルが必要です。

ライター系
ライターとは主に、取材ライターやコピーライターなどの職種を表すことが多いです。取材ライターは、インタビューをして得た情報をもとに原稿を作成するのが業務です。アポイント取得のための交渉⼒や、情報を集めるヒアリング⼒が重要です。
コピーライターは、顧客から依頼を受けて商品・のキャッチコピー(⽂⾔)を考案します。顧客のコンセプトに基づき、多くの⼈の⼼に刺さり、⾏動を促すような⾔葉を⽣み出す⼒が求められます。







フリーランスの
働き⽅の特徴

フリーランスが会社員と違うのは労働基準法の運⽤対象にならないことです。
業務委託という形態で契約するフリーランスは労働者に含まれません。個⼈で事業を⾏い、原則として雇⽤という働き⽅ではなく、 労働基準法などの労働関係法令は適⽤されません。 有給休暇もないため、無理をせず働きましょう。

フリーランスになる前に
準備しておくこと

会社を退職し、個⼈で事業の経営から事務、備品管理まで1から10の全てをこなさなければならないのがフリーランス。
いわゆる「個⼈事業主」です。いろいろな意味で⾃由度は⾼いですが、
収⼊も不安定となり信⽤という⾯でも会社員や企業に属しているときよりも、低いのが実情です。

事前準備① 事業⽤の⼝座開設
経理業務も⾃分で⾏う必要があります。お⾦に関するトラブルを起こさないため、そしてプライベートと仕事を分けるため⼝座を⽤意しましょう。最初は、⾃宅を事務所として使⽤する場合は光熱費やプロバイダー料⾦なども経費扱いとできるため、仕事⽤の⼝座から引き落とせるように節税も兼ね⼝座開設を⾏いましょう。

事前準備② クレジットカードの作成
会社退職前にクレジットカードを作成しましょう。私の知り合いで、「クレジットカードが作れなかった」「⼤きな⾦額のローン審査中にフリーランスとなり、融資額を減額された」「ローンの⾦利が上がった」といった声を聴くことがありました。

事前準備③ 住宅ローンの申し込み
フリーランスになった後でも、住宅ローンを組めないことはありません。ただ今後マイホームを購⼊する計画などあるようでしたら、よりスムーズにローンが組める可能性の⾼い会社員の時に組んでおきましょう。