WEB DIRECTOR

東京のWEBディレクターの
求人・派遣は
エキスパートスタッフへ。

クリエイティブ業界で32年の実績を持つ
エキスパートスタッフだから、
あなたにピッタリの仕事をご紹介いたします。

東京都のWEBディレクターの
求人紹介を受ける

東京都のすべての
WEBディレクター求人情報を見る

さらに

スタッフ登録していただいた方には

非公開求人情報も合わせて

あなたにピッタリのお仕事を紹介します!

サイト内でご覧いただける求人は、一部にすぎません。 クリエイティブ業界に精通したコーディネーターが
数多くの求人の中からあなたにピッタリのお仕事をご紹介いたします。

東京都の非公開求人を受け取る

WHY EXPART STAFF

  • 01 TRUST

    エキスパートスタッフは、これまで32年以上に渡り、大手広告代理店や有名デザイン事務所等4,600社以上より15万件以上の求人依頼をいただき、25,000名のクリエイターをマッチングした実績があります。

  • 02 EXPERT

    業界に精通した営業・コーディネーターがマッチングをサポート。独自に開発したスキルチェックシステムでぴったりのお仕事をご紹介いたします。就業後も定期的に訪問しアフターフォローも万全です。

  • 03 VARIETY

    正社員や契約社員、紹介予定派遣、長期就業や期間限定、1日単位の派遣まで様々な就業形態の求人が揃っておりますので、ライフスタイルに合わせた最適な働き方のご提案が可能です。

エキスパートスタッフが選ばれる理由を見る

WORKING STYLE

WEBディレクターも、他のデザイナー職と同様に私服での勤務が一般的で、ジーンズOKの職場も多くなっています。
クライアントを訪問する場合などはある程度配慮が必要になりますが、そうでない場合は、比較的ラフな格好で仕事をすることができます。
また勤務開始時間についても比較的遅めの10時からとしている会社が多くなっていて、会社によってはフレックス制を導入しているところもあります。

SKILL

  • Adobe
    Illustrator

  • Adobe
    Photoshop

  • Microsoft
    Word

  • Microsoft
    Excel

  • Microsoft
    PowerPoint

WEBディレクターとしてお仕事をするためには、上記のスキルを必要とする会社が多くなっています。
全部のスキルがあれば就職する際に有利となる可能性が高いですが、IllustratorやPhotoshopだけ、もしくはOfficeソフトのWord、Excel、PowerPointどちらか一方だけを必要とする会社もあります。
WEBディレクターの場合は、WEB検定のWEBリテラシーやWEBディレクションなどが特に業務に関係する資格となり、まったくWEBについての知識がない場合は、こういった資格の勉強を通して、体系的に知識を身に付けていくのもひとつです。
また、上で紹介したようなソフトのスキルや知識以上に、WEBディレクターはクライアントやチームメンバーとまめにコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく必要があるため、
コミュニケーション能力は様々なスキルの中でも特に大切なスキルになります。
面接でしっかりとアピールできるようにエピソードなどを用意しておきましょう。

INTERVIEW

初めて出社したときの印象はどのようなものでしたか?
ドラマなどで見るような「これぞまさに大企業のオフィス」という感じで、広いフロアに見渡す限りのデスクと人が360℃という景色にある種の衝撃を受けたのを覚えています。でも社風も自由で企画や制作業務に携わるスタッフが多い企業だったので堅苦しい雰囲気は一切なく、バランスボールに座りながら仕事している者もいれば、スタンディングのブレストMTGをしているようなチームもあり、ワクワクしました。(Rさん・30才・女性)
今まで、具体的に任された仕事内容で印象的だったもの、なぜ印象的だったかを教えてください。
私の場合、企画進行管理も含めたwebディレクターだったので制作業務はつねに常駐の外部デザインチームと3人で進行する流れでした。企画ごとページデザイン案を私が起案し、外部ディレクターと一緒に具体的な方向を詰めて行きますが、ある企画であるチャレンジングなデザイン案をリーダーの反対を押し切ってリリースしたところ、通常PVの3倍を記録する結果となり「これがヒットする」と信じた自分の感性が認められた気がして、とても嬉しかったのを今でも覚えている印象的な仕事でした。(Nさん・26才・女性)

CAREER UP

WEBディレクターの場合は、経験を積んでいって
WEBプロデューサーにステップアップするのが一般的です。

  • WEBプロデューサー

WEBディレクターは制作全般を管理するポジションになりますが、WEBプロデューサーは、制作よりもビジネス面のほうから
プロジェクトに関わっていくことになるため、より大きな視点でWEB制作を捉えることが必要になります。
企画力やクライアントとの交渉力はもちろんですが、制作環境の改善やディレクターの育成など、担当する仕事も多くなります。

FOR INEXPERIENCED PERSON

未経験からWEBディレクターを目指す場合、自分でWEBサイトをつくってみたりブログを運営してみるのがおすすめです。
IllustratorやPhotoshopなどのスキルを習得することも、就職する際に有利になりますが、それ以上に制作の一連の流れや必要な知識などについて学べることが、自分でWEBサイトをつくってみるメリットです。こういった経験は、制作でデザイナーやエンジニアとコミュニケーションを取る際に必ず生きてくるものになります。
なお、いきなりWEBサイトを作成する自信がない人は、ブログ運営からスタートしてみるといいかもしれません。ブログ運営でも、アクセスアップのために必要なことやアクセス解析などの知識を身につけることができます。
エキスパートスタッフでは、クリエイター登録された方に対して、様々な研修やサポート制度を無料で利用できる環境を用意しています。クリエイターサポートの特徴やメリットについても、ぜひ一度ご確認ください。

就業後も定期的にサポート。
安心のアフターフォロー

就業後は、担当営業が定期的に訪問させていただき、状況確認を行います。
お困り事などごさいましたら、遠慮なくご相談ください。
万全のアフターフォローで、クリエイターの皆様をサポートいたします。

今すぐエキスパートスタッフに登録する

お電話でのご予約・お問い合せは
(平日9:30~18:30)
0120-81-9181