トレース Illustrator

STEP04目印を入れて仕上げよう!

「効果」を使って、目印をデザインしよう!

「効果」メニューにあるいろいろなフィルタを使うと、オブジェクトをラスタライズせずにドロップシャドウやぼかしなどの効果をつけることができます。地図の完成見本のように、目印を示す四角にドロップシャドウを設定してみましょう。

    • 四角形ツールを使って目印の正方形を描きます。
    • くーり:四角形ツールで目印を描くよ。
    • 目印の正方形を選択した状態で、「効果」メニューの「スタイライズ」→「ドロップシャドウ」を選択します。「ドロップシャドウ」のダイアログボックスが開き、オプションを設定します。アピアランスパレットを見ると、赤い塗りの下にドロップシャドウの効果が追加されたことがわかります。アピアランスパレットの「ドロップシャドウ」をダブルクリックすると、「ドロップシャドウ」ダイアログボックスを呼び出してオプションを値を変更することができます。
    • 「効果」→「ドロップシャドウ」を設定
    • 楕円形ツールで目印を描き、四角形と同様にドロップシャドウを設定します。
    • くーり:今度は楕円形ツールで目印を描くよ。四角と同じように効果を設定!
    • さて、以前に学んだクリッピングマスクで道路の端など表示させたくない部分をトリミングして完成!?
    • くーり:四角形ツールで背景を描けば、後はクリッピングマスクで切り抜くだけだね
    • しかーし!複数のレイヤーにまたがるオブジェクトにクリッピングマスクを作成すると、クリッピングマスクで使っているオブジェクトがあるレイヤーに今まで分けてきたレイヤーが統合されてしまいます。これでは地図を修正するときに不便ですね。
    • くりすけ:今まできれいに分けてきたレイヤーがぁぁ

レイヤーメニューで「クリッピングマスクを作成」する

レイヤー分けを維持したまま、クリッピングマスクでトリミングする方法があります。レイヤーメニューからクリッピングマスクを作成し、そのサブレイヤーに配置する、という流れです。工程を確認しましょう。

  • クリッピングマスクとして使用したいオブジェクトを四角形ツールで作ります。四角形が選択された状態で「レイヤーパレット」右上のサブメニューから、「クリッピングマスクを作成」を選びます。
  • くーり:クリッピングマスクにしたい枠を四角形ツールで作って、選択された状態で「レイヤーパレット」のサブメニュー「クリッピングマスクを作成」を選ぶよ〜
  • 地図を構成しているレイヤーを全て選び、先ほど作った「クリッピングパス」のすぐ下にドラッグ・アンド・ドロップします。
  • くーり:<クリッピングパス>のサブレイヤーになるようドラッグするよ。レイヤーとレイヤーの区切りの線上にマウスを置いてから指を離すよ!
  • この方法を使うと、レイヤーの順序が保たれたままクリッピングパスでマスクすることができます。
  • くーり:レイヤー分けがそのままで、クリッピングマスクのサブレイヤーになったよ!
  • これで地図が完成しました!お疲れ様でした!
  • 完成!
クリエイティブ専門人材派遣会社エキスパートスタッフは、お仕事紹介だけでなく登録クリエイターのDTPレベルアップサポートを行っています。 最新DTPアプリケーションが使える無料の自習室各種セミナーで皆さんのスキルアップをサポートします! 最新DTPアプリケーションが使える無料の自習室各種セミナーで皆さんのスキルアップをサポートします!