広告・出版・印刷業界でスキルを活かす、
DTPデザイナー・オペレーター・クリエティブディレクターのお仕事情報

DTPとは、Desktop Publishing(またはPrepress)の略語です。広告や書籍などの印刷において、紙面上への割り付けや組版をコンピューター上で行う工程の総称として使われています。仕事内容は、DTPデザイナー・DTPオペレーター・クリエイティブディレクター・グラフィックデザイナー・組版オペレーター・スキャニングなどに細分化されています。専門性が高いため、派遣で活躍される方も多い業界です。

DTP求人を選ぶポイント

DTPの求人は、広告関連、POP、紙の書籍、電子書籍などの形式によって業務内容が大きく異なります。ご自分のキャリアに合わせた派遣先を選ぶことで、お仕事探しがよりスムーズになります。
DTP関連のお仕事情報なら、エキスパートスタッフにお任せください。
広告・出版・印刷業界を中心に、DTPの求人を豊富にご紹介しています。

DTPデザイナー

写真やテキスト、イラスト等をPC上でレイアウトして、広告や販促グッズ、出版物の誌面等をデザインしていくのがDTPデザイナーです。その他にも、様々なジャンルの印刷物の制作で活躍できます。グラフィックデザインのご経験をお持ちの方、パッケージデザインのお仕事を希望される方などにもご登録いただいています。

DTPオペレーター

DTPソフトを使って、印刷物出版物のデータの流し込み・修正・レイアウト変更等を行い、 入稿データを作成するのがDTPオペレーターです。DTPデザイナー同様、扱う分野は雑誌やチラシから、販促POP、パンフレットまで多岐にわたります。スポット勤務や週4勤務など、ライフスタイルに合わせて多様な働き方ができる案件をご用意しています。

アートディレクター・クリエイティブディレクター

DTPデザイナーやDTPオペレーターのまとめ役がDTPディレクター・アートディレクターです。業務の進行に合わせて指示を出し、外部折衝や制作管理を行ったり、クライアントへのビジュアル提案や等も行います。メディアデザインの中心に立つ職種だけに、周りのスタッフと協力して制作を勧める調整力と決断力、クライアントの要望を汲み取り制作物に反映させるコミュニケーション能力が必要とされます。

グラフィックデザイナー

IllustratorやPhotoshopなどのDTPソフトを使って、出版物の誌面やポスター、WEBで使用するイラスト・CG・ロゴを制作したり、商品のビジュアル作成等デザインに関わる仕事が主な業務です。クライアントの企画内容や、販促物の場合は商品コンセプト、対象とする顧客の年齢性別などを踏まえてデザインを提案します。制作には高い美的センスと、クライアントの要求を正しく理解する力が求められます。

組版

印刷物を読みやすくするため、紙面上に文字や図版を配置し、フォント・行送り・ルビ等の情報を入力・配置していくのが組版の業務です。現在では、ほとんどの出版物において、DTPソフトを使って行われています。読みやすい紙面を作るための技術と知識、そして重要なこととして正確さが必要です。

出力・スキャニング

画像処理の業務はPhotoshopを用いたスキャンデータやデジタルカメラのデータのレタッチ・画像合成を行います。
印刷機のオペレーション、集版、フィルム出力等を行います。面付けソフトや 機械を扱うことが多いお仕事です。夜勤、残業などのある案件が多く、手当や福利厚生が充実しています。

この他、各種インストラクター・デモンストレーター・製本業務など、DTPに関するあらゆるお仕事のオーダーをいただいております。どうぞお気軽にエントリーしてください。