社員面接対策!ワンポイントアドバイス

面接に正解はありませんが、一般的な内容を記載しております。良い印象と意欲をくみ取っていただけるように確認してください。

服装編

男性

①寝ぐせはNG!
お客様の前に出る時と同じように、清潔感のある髪型が基本です。過度な茶髪やヒゲは避け、スタイリング剤でしっかりと髪型をセットしましょう。
②スーツが基本
面接時はスーツが基本。黒や紺、グレーのノーマルなスーツに白や薄い色のシャツを合わせましょう。クリーニングしたシワのないスーツを着用し、ネクタイをしていると、好感度がぐっとアップ!爪も短く切って、指先まで清潔感を。
③バッグなしはNG!
履歴書・職務経歴書などの必要書類は、かならずバッグに入れましょう。筆記用具、メモ帳なども持参しましょう。A4サイズの用紙が入る、ビジネスバッグがあれば便利です。
④足元は清潔にまとめて
スーツに合わせるのは黒の革靴。前日には、靴磨きをしてホコリがついていない状態にしておきましょう。くるぶしまでの靴下は、座ると足首が見えてしまうのでNG。ふくらはぎまでカバーする、黒または紺色のソックスを履くのがマナーです。

女性

①清潔感が大切
過度にならないナチュラルなメイクが基本です。横髪が顔にかからないように、長髪の場合は後ろでまとめると、きちんとした印象になります。
②落ち着いた色のスーツを
落ち着いたダーク系の色のスーツを着用するのが基本です。
③アクセサリーは控えめに
香水やアクセサリー類は、控えめ(もしくはつけない)にする。爪は短く切って清潔に、ネイルやつけ爪などはあまり良い印象を持たれません。
④足元にも気くばりを
ダーク系のパンプスで、身だしなみをまとめます。ストッキングも肌色のベーシックなものがGOOD。

※ズボラ、汚いと思われないように注意しましょう。

※ご案内企業によっては面接時の服装規定が違う場合がございます。詳しくは担当営業までご確認ください。

持ち物編

履歴書

応募時に事前に提出済みでも、ご用意ください。 担当営業から面接官人数の案内があれば人数分用意する場合もございます。ご不明点は担当営業に必ずご確認ください。

ポートフォリオ

必ず整理されたもの(カテゴリーや時系列など)を持参ください。 バラバラに保管されているものや、劣化したもののみでは、印象は悪くなってします。

メモ帳など筆記用具

緊張から事前に用意した質問を忘れてしまうこともあります。メモ帳など事前に記載したり用意しておくなどしても良いでしょう。

訪問編

①適切な時間に訪問

遅刻はNGです。電車遅延などの際は、事前に連絡を入れるようにしましょう。 ただし早く着きすぎるのもNG。15分前では少し早いのでアポイントの5~10分ほど前に訪問するようにしましょう。時間より早く着いてしまった場合は、面接場所より少し離れた場所で時間をつぶすようにしましょう。あまり近場のコンビニなどで立ち読みをして時間をつぶしていると訪問先企業の関係者の方が目にすることもあるので気を付けてください。

②挨拶・マナー

服装と同じように挨拶やマナーは印象を大きく左右します。受付対応された方に人事から訪問時の態度・対応を聞くこともあります。気を抜かずしっかりと挨拶をしましょう。

  • ・コートなどの上着は、入り口で脱ぎ、あらかじめ携帯の電源は切っておくかサイレントモード(バイブも切る)にしておきましょう。
  • ・待合い室などに案内されたら、案内いただいた方に「ありがとうございます。」とお礼を言う。
  • ・資料や事前記入書類などの受け取りは片手ではなく両手で受け取る。
  • ・必要以上にうろうろ歩き回ったり、スマホを出したりなどは避けましょう。

面接編

①入室

  • ・ノックは3回が一般的。
  • ・「どうぞ」と言われたら「失礼します」と挨拶して入室。
  • ・面接官に向かってお尻を向けないように、ドアに向かって斜めに立ちドアを閉めます。
  • ・挨拶をして「どうぞ」または「お座りください」など促されてから椅子に座る。
  • ・荷物は足元に置く。

②質疑応答

<必ず聞かれる質問>

自己紹介:これまでの仕事と身につけたスキル、転職してしたいことをはきはきと伝える。
職務経歴:これまでやってきた仕事を、具体的なエピソードや数字を交えて説明する。
退職理由:前職や現職の不平不満を交えず、前向きな言葉を使って論理的に話す。
志望動機:経歴や退職理由、転職してしたいこととうまく結びつくように整理する。

注意事項
  • ・話す内容は事前にある程度まとめておきましょう。
  • ・敬語は必ず使用する。フレンドリーな面接官でも敬語は崩さない。二重敬語を使用しない。

その他具体的な応募求人の質問事例は担当営業よりご案内致します。

面接で使用する敬語例
謙譲語

自分の動作をへりくだって表現し、相手へ敬意を示す敬語

普通の言い方謙譲語使用例
言う 申し上げる 先ほど申し上げたように
もらう いただく 貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。
行く 参る ◯時に御社のビル1Fへ参ります
頑張る 努力させていただく 御社にふさわしい人材となるべく努力させていただきます
知る 存じ上げる 存じ上げません
見る 拝見する 資料は既に拝見しました
わかる かしこまる はい、かしこまりました
聞く 伺う 御社のキャリアパスについて伺ってもよろしいでしょうか?
尊敬語

相手の動作を表現する際に使い、相手に敬意を払う言葉

普通の言い方謙譲語使用例
教える ご指導 〜についてご指導ください
思う お考えになる ~についてどのようにお考えになりますでしょうか
言う おっしゃる ◯◯様がおっしゃるように
する なさる ◯◯様は入社時にどんなことをなさっていたのですか?
見る ご覧になる ポートフォリオをご覧ください
後で 後ほど 後ほど連絡いたします
ちょっと 少し 少しお待ちください
すみませんが 恐れ入りますが 緊張のあまり、質問を聞き逃してしまいました。恐れ入りますが、もう一度おねがいできますでしょうか。
大丈夫です 問題はございません 入社は◯◯日からで、問題はございません
二重敬語

相手の動作を表現する際に使い、相手に敬意を払う言葉

不適切な言い方適切な言い方
✖おっしゃられることに大変共感いたしました ◎おっしゃることに大変共感いたしました
※「おっしゃる」も敬語で「〜られる」も敬語です。二つを重ねると「二重敬語」になってしまいます。
✖では、◯時に御社ビル1Fにお伺いします ◎では、◯時に御社ビル1Fに伺います
※「伺う」が謙譲語で敬語として成立しているので、「お〜」をつける必要はありません。

③「最後に何か質問はありますか?」

多くの面接で尋ねられます。質問がないと相手の会社に興味を持っていない、就業意欲がないと受け取られます。必ず3つ程度は質問してください。
面接の流れで事前に用意した内容が出ることもあるので、質問の用意は7~8つほどしておいたほうが無難です。
ただし、何でも質問して良いというわけではありません。ウェブサイトを事前確認していればわかるような質問など避けるようにしてください。

NGな「逆質問」例改善例
<準備不足> ・御社の企業理念は何ですか?
・どのような制作物を取り扱っていますか?
・主要取引先はどのような企業がありますか?
・御社の売上高を教えてください。
・御社の強みは何ですか?
ウェブサイトでは企業理念に「○○」とありましたが、具体的に取り組まれていることなどございますでしょうか。
<積極性に欠ける>
・勉強できる環境はありますか?
・能力を伸ばしてくれる環境でしょうか?
・ノルマが達成できなかったらどうなりますか?
・異業種(異職種)からの転職でも活躍できますか?
・入社してから覚えれば大丈夫でしょうか?
前職ではデザイナー職でしたが、クライアントとの打ち合わせ・折衝業務も携わっておりました。今回はデザイナー職の応募ですが、ゆくゆくはディレクター職へステップアップしたいと考えています。御社ではデザイナー職からディレクターへのキャリアパスはございますでしょうか。
<仕事以外の質問しかしない>
・平均年収はどれくらいですか?
・月給と手当はいくらもらえますか?
・前年のボーナスの支給実績は?
・残業はありますか?
・福利厚生にはどのようなものがありますか?
・有給はいつからとれますか?
1次面接では待遇や条件面についての質問は避け、2次面接以降で確認するほうがよいでしょう。また担当営業へ事前に気になる箇所をご確認ください。
求められる勤務条件に柔軟に対応しようとする姿勢をアピールして質問するのは、良いと思います。
例)「前職では、月に平均で30時間ほど残業しており、繁忙期の10月~12月には40時間ほど残業しておりました。御社の平均的な残業時間は40時間ほどと伺っていますが、繁忙期について具体的な時期などはございますか?」